中大2番大工原 リーグ戦1号「気がついたら打っていた」

[ 2018年4月20日 05:30 ]

東都大学野球第2週第2日   中大2―1亜大 ( 2018年4月19日    神宮 )

<中大・亜大>5回、リーグ戦1号ソロを放ち、仲間に迎えられる中大の大工原(右)
Photo By スポニチ

 中大2番の大工原が1点リードの5回に右越えソロ。貴重な追加点をリーグ戦1号でもぎとり「気がついたら打っていた」と喜んだ。

 桐光学園時代は通算24発を誇る左の好打者。初回に犠打を失敗し「挽回したかった」と振り返った。1点差を守り、1勝1敗のタイに。20日の3回戦に向け、大工原は「勝てるように頑張りたい」と力を込めた。

 ▼亜大・生田勉監督(一塁・頓宮を6回から捕手で起用)流れが変わるかなと思って捕手に戻した。また明日頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月20日のニュース