糸原 急浮上3番か5番 福留“休養枠”ですが…金本監督「あるわね」

[ 2018年3月15日 05:30 ]

オープン戦   阪神2―3ヤクルト ( 2018年3月14日    甲子園 )

<神・ヤ>6回1死二塁、糸原は右前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 ヤクルト戦に「1番・遊撃」で先発出場した阪神・糸原が、全2打点をたたき出す連日の活躍で開幕遊撃スタメンに、また一歩前進した。1点を追う6回1死二塁、2番手の右腕・大下の内角直球をフルスイングした打球は詰まりながらも右翼線にポトリと落ちた。会心の当たりでなくても、体に近い、厳しい内角球を持ち前のスイングスピードで押し込み、2試合連続の適時打とした。

 「いいところに落ちてくれました」

 2点を追う8回1死二、三塁では二ゴロで三塁走者・高山を生還させた。安打が出れば最高の結果だったが、最低限の仕事を果たした。

 10試合出場で打率・333、中谷と並びチームトップの6打点とコンスタントに結果を出す糸原に対し、金本監督の評価も上がる一方だ。連日の適時打に「チャンスでの集中力はあるでしょう。食らいついていく姿勢というか、振り負けないとか」と称賛。さらには“条件付き”で中軸抜擢の可能性にも言及した。

 「それもあるわね。長打も打てるし、やっぱりスイング、振る力というのは一番あるしね。バントなんかもうまいし。使い勝手のいい選手」

 もちろん、西岡らライバルとの決着がついたわけではない。指揮官は続けて、さらなる活躍を期待した。「でも、まだまだ。あと何試合か残っている。そこでいい加減なプレーとか出るかもわからないし、怠慢プレーが出るかもわからない。まだまだわかりませんよ」。

 現状、3〜5番は福留、ロサリオ、糸井の3人が内定しているが、福留は昨季同様に休養を与えながら起用していく方針。糸原が好調を持続し開幕遊撃を勝ち取れば“休養枠”でクリーンアップに名を連ねることも十分に考えられる。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース