牧田 完璧1回2K「低めを意識させると高めが生きる」

[ 2018年3月15日 05:30 ]

オープン戦   パドレス7―5カブス ( 2018年3月13日    ピオリア )

<パドレス・カブス>6回に登板し、1回を3者凡退に抑えたパドレス・牧田
Photo By 共同

 パドレス・牧田は1回を3者凡退、2三振と完璧に封じ込め2試合連続無失点とした。

 6回先頭のフリーマンに58マイル(約93キロ)のカーブを見せた後、緩急差40キロ近い81マイル(約130キロ)の直球で空振り三振。ジメネスは低めスライダーで見逃し三振、ボアジャスはシンカーで遊ゴロに仕留めた。メジャー経験のある3人を12球で片付け「自分のいつものスタイルでと思い投げたら良い結果を残せた」。その証拠に右膝にべっとり土が付き「低めを意識させると高めが生きる。重心を低く意識した結果、(土が)付いたのかな」と振り返った。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース