ロッテドラ1安田“特打効果”同点犠飛 清宮の分も奮闘

[ 2018年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ4―5オリックス ( 2018年3月14日    ZOZO )

<ロ・オ>7回無死三塁、安田は同点となる左犠飛を放つ
Photo By スポニチ

 ロッテ・安田が内角高め、154キロ直球を振り抜いた。1点を追う7回無死三塁。やや差し込まれたが「フライを上げればいい」と腕を畳んで、オープン戦2打点目となる同点の左犠飛を放った。

 この日は7回の三塁守備から途中出場。開幕1軍生き残りへ、少ない打席で結果を求められる。代打で中飛に終わった前日の試合後も居残り特打。「強い球に対して振れていない」と打撃マシンに近づいた場所でスイングを繰り返し、この日の犠飛につなげた。

 6日の巨人戦(ZOZOマリン)でサヨナラ安打を放ったが、ここまで8試合で13打数1安打。同期のライバル・清宮の入院を「本人がどう思ってるか分からないけど、しっかり休んでほしい」と気遣ったが、注目と期待を集める同じ立場だから、気持ちは分かる。

 井口監督は「(オープン戦の)残り試合が少ない中で結果が出ている」と評価。15日は2軍に一時合流し、亜大との練習試合(ロッテ浦和)に出場する。安田は「いろんな形での経験がプラスになる」とがむしゃらにバットを振る。 (君島 圭介)

 ▼ロッテ・オルモス(4回2安打1失点)100%ではないが前進している。カーブでストライクが取れたのは収穫。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース