PR:

広島ジョンソン 5回1失点も立ち上がりに不安 緒方監督注文付けた

オープン戦   広島1―4日本ハム ( 2018年3月14日    マツダ )

<広・日>5回1失点と好投したジョンソン
Photo By スポニチ

 不安と期待が入り交じるオープン戦初登板だった。日本ハム打線を相手に5回5安打1失点にまとめた広島先発のジョンソンは「シーズンに向けての調整登板。課題を持って、いつものようにマウンドに臨むことができた」と淡々と振り返った。

 初回に不安を残した。先頭・西川に対し2ストライクと追い込みながら四球を与えると、その後1死三塁から近藤に死球。レアード、横尾を連続空振り三振に仕留め失点は防いだが実に33球を要した。試合の中で修正し「体重を後ろに残すことによって球を低めにコントロールできたと思う」と話した2回以降は持ち味のテンポの良さを取り戻したが、立ち上がりが今後の課題となる。

 一昨年は15勝を挙げて沢村賞を獲得したが、昨年は開幕直後の咽頭炎、7月の「左太腿裏の筋損傷」で離脱。13試合の登板で6勝と不本意な一年に終わった。16年の姿を期待するからこそ緒方監督の採点は厳しくなる。「安定したものを出してほしい」と次回登板に向け、注文を出した。

 開幕まで、残す実戦登板は1、2試合と多くない。「コンディションは整っている。今日も93球投げたがスタミナや肩周りも順調に来ている」。投球で証明し、万全の状態で異国での4年目を迎える。(桜井 克也)

[ 2018年3月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月27日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム