イチロー、右ふくらはぎに張り 打席に立たず無念の交代

[ 2018年3月15日 10:59 ]

オープン戦   マリナーズ―ジャイアンツ ( 2018年3月14日    アリゾナ州ピオリア )

<マリナーズ・ジャイアンツ>1回の守備中に右足を気にするイチロー
Photo By スポニチ

 マリナーズのイチロー外野手(44)が14日(日本時間15日)、アリゾナ州ピオリアで行われたジャイアンツとのオープン戦に「1番・左翼」で先発出場。1回の守備には就いたが、右ふくらはぎに張りを訴えたため打席には立たず、無念の交代となった。

 マリナーズ先発のパクストンが3者連続三振の立ち上がりだったため、イチローの守備機会はなかったが、左翼の守備中に右足を気にする仕草も見せていた。

 イチローはここまでオープン戦2試合に出場し、5打数無安打2三振1四球1得点。12日のホワイトソックス戦では四球を選んで出塁。続く3番・セグラの適時三塁打で一気にホームを駆け抜け、古巣復帰後初得点を記録した。

 昨年はキャンプ序盤に同僚と交錯して腰などを痛め、オープン戦で全力疾走できないまま開幕を迎えた。今年は途中合流だったものの「(ペースを)抑える理由はない」と順調ぶりをアピールしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース