清宮、16日一時帰宅後も引き続き治療専念 今週末の合流は延期

[ 2018年3月15日 16:08 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 13日に腹腔(ふくくう)内の一部に炎症がみられる「限局性腹膜炎」と診断され都内の病院に入院中の日本ハム・清宮が15日、入院中の都内の病院で診察を受け、明日16日以降も引き続き治療を受けることになった。球団が発表した。

 12日夜の入院から15日までの経過を観察した結果、症状及び検査の数値は良化したが、球団の判断で今週末のチームへの合流は延期とし、当面は治療に専念する。

 明日からは一時帰宅しながら通院による治療を行い、今後の予定については19日以降に改めて判断するとしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース