大谷 左腕打てない…内角克服に加えまた弱点浮上

[ 2018年3月15日 05:30 ]

3打席目に右前打を放った後にベンチでソーシア監督(右)に声を掛けられる大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、マイナー選手中心で行われた特別ルールの紅白戦に休日返上で志願出場。打者として9打席に立ち、8打数2安打だったが、先発候補の左腕スカッグスには3打席連続三振を含む4打数無安打だった。

 「タイプが違う投手を相手に、確認しながらできたのは良かった」。6、7打席目ともチェンジアップに空振り三振し、9打席目は外角直球を見逃し三振。「球種やコースを張ったりしながらやっている中で、外角に手を出していないように(周囲から)見えたのかもしれない」。内角球への対応が課題と指摘されているが、対左投手はオープン戦でも5打数無安打。日本では打率・309と苦にしなかったが、左投手への対策も急務となる。

 1、3打席目は右腕トロピアーノから痛烈な2安打を放ち「しっかり捉えている打席もあるので比較的良かった」と収穫もあった。マイク・ソーシア監督も「打撃の内容は良かった。心配していない」と言った。14日(同15日)はブルペン入りし、その後インディアンス戦に「8番・DH」で出場予定。16日(同17日)のロッキーズ戦で実戦4度目のマウンドに上がる。 (テンピ・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース