阪神・小野 2軍戦で7回0封7K 開幕ローテ「常に狙っている」

[ 2018年3月15日 05:30 ]

教育リーグ・ウエスタンリーグ   阪神5―0中日 ( 2018年3月14日    ナゴヤ )

阪神の小野
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを狙う阪神・小野が教育リーグの中日戦(ナゴヤ)に先発し最速148キロの直球主体に7三振を奪い7回2安打無失点。三塁を踏ませず、今春実戦での連続無失点を21イニングに伸ばした。

 「去年みたいに焦って投げることが減り、落ち着いて投げられている」

 打者22人に対し外野に打球が飛んだのはわずか4度。格下相手とはいえ得点圏に走者を背負ったのも5回の1イニングだけだった。矢野2軍監督も「(相手が)真っすぐを待っているところに真っすぐで押し込めた。1軍でもしっかりやっていける投球」と称賛した。

 13日の同戦では、同じく開幕ローテーションを争う才木が7回4安打1失点。シ烈な争いは続くが「そこは常に狙っている」と一歩も引くつもりはない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月15日のニュース