清宮 4日連続打撃回避 金子コーチ指導で守備に手応え「軽い力でも…」

[ 2018年2月3日 09:38 ]

アリゾナキャンプで清宮(右)に熱血指導する金子コーチ
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)は2日(日本時間3日)、右手親指打撲の影響でキャンプ2日目でもバットは握らず、これで4日連続打撃練習はなしとなった。

 この日も練習の大半を守備練習に費やした清宮は、前日に金子内野守備コーチから教わったテークバックの小さいスローイングを意識してキャッチボール。コンパクトな腕の振りとなり「凄い感じが良かった。軽い力でも球が凄くいくようになった感じはある」と手応えを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース