ハムドラ3田中瑛斗「思い出にしたい」 初ブルペンで伸びのある直球披露

[ 2018年2月3日 13:23 ]

ブルペンで投球練習を終えて笑顔を見せる日本ハム・田中瑛
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト3位・田中瑛斗投手(18=柳ケ浦)が3日、沖縄・国頭村で行われている2軍キャンプで初のブルペン入り。捕手を立たせたまま10球、さらに座らせて25球を投じた。

 捕手を座らせての投球練習は約1カ月ぶりだったが、伸びのある直球を披露して「今日は初めてなので思い出にしたいと思って集中して投げました。楽しかったです」と笑顔。細身で小顔のイケメン右腕は「ここから少しずつ上げていきたい」と先を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース