日本ハム・有原 右肩炎症、帰国後再検査へ「早く治すことに専念」

[ 2018年2月3日 10:13 ]

アリゾナキャンプで移動する有原
Photo By スポニチ

 日本ハムは3日、有原航平投手(25)が2日に米アリゾナ州スコッツデール市内の病院でMRI検査を受けた結果、右肩の炎症と診断されたと発表した。

 アリゾナキャンプ期間中はノースローで経過を観察。帰国後に再検査を行い、今後の復帰、登板スケジュールを決める。

 有原は「キャンプイン直後で残念ですが、まずは早く治すことに専念します。今、できることに集中して取り組み、リハビリに励んでいきたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース