ハム宮台 初ブルペン手応えまずまず「初日としてはこんなもん」

[ 2018年2月3日 05:30 ]

ブルペンで投球練習をする日本ハム・宮台
Photo By スポニチ

 日本ハム・ドラフト7位の宮台(東大)が、2軍の沖縄・国頭キャンプで初のブルペン入り。カーブ、スライダー、チェンジアップを交えて43球を投じ「初めてユニホームを着て投げて、いい球もあったがまあまあ。初日としてはこんなもん」と振り返った。

 後方で木田優夫GM補佐や荒木2軍監督も見守る状況に「いろいろな方が見ていて、今日が一番、プロ野球選手としてのスタートという実感が湧いた」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース