強風何の!DeNA ラミレス監督 今キャンプ初「バモス散歩」

[ 2018年2月3日 09:15 ]

練習前、球場周辺を散歩するラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督が、今キャンプ初となる朝の散歩を行った。沖縄・宜野湾キャンプの第1クール3日目。曇天で強風が吹き付ける悪条件だったが、報道陣30人以上を引き連れてアトムホームスタジアム宜野湾周辺の海岸線を30分ほど歩いた。

 自ら「バモス散歩」と命名。「バモス」とは、スペイン語で「さあ行こう!」の意味で、快調な朝の“ウォーミングアップ”となった。散歩を終えると、すぐに室内練習場に移動。2日連続で早出特打の打撃投手を務め、朝から精力的に動き回った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース