退治するはずが…ヤクルト藤井、“鬼”コーチに豆ぶつけ、特守連行

[ 2018年2月3日 21:39 ]

宮本ヘッドが藤井へ一撃
Photo By スポニチ

 節分だった3日、猛練習の続くヤクルトの浦添キャンプ地で鬼退治!?のために豆まきが行われた。

 豆まき役の指名を受け、「ランニングよりキツイ…」とおびえる藤井、山崎、奥村、上田の4選手が待つところに、赤鬼の宮本ヘッドコーチ、青鬼の石井琢打撃コーチ、アフロ鬼の河田外野守備走塁コーチが貫禄たっぷりに登場。宮本コーチが「投げてみろ!こら」とすごむと、恐縮しながら「鬼は外!」と下から豆をぶつけ続けた。徐々に豆まき役たちの陣地が狭くなったところで…

 小川監督が登場して「誰が一番投げたかリプレー検証する。今後の練習に影響するから」とビデオ判定をリクエスト。審議の結果、藤井が多く豆をぶつけたと判断され、おもちゃの棍棒などで鬼たちから“反撃”されてしまった。最後はそのまま河田コーチに特守に連れて行かれた。

 山崎は「今後に影響すると思って下から投げました」と最後まで恐縮しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース