森監督 松坂の“ばらつき”指摘も修正力評価「経験ある証拠」

[ 2018年2月3日 08:45 ]

ブルペンでのピッチングを終え森監督(左)と話す松坂
Photo By スポニチ

 投球練習を見守った中日・森監督が松坂と意見交換を行った。

 「痛みが出ず楽をしたいという球が何球か見えた」とばらつきがあった点を本人に指摘。ただ、31球目で体のバランスが崩れながら、すぐ最終32球目で修正した点などに着目し「駄目な球の次に良い球を投げることがすぐできる。経験がある証拠」と修正能力を評価した。

 打撃力にも期待し「セ・リーグに来れば1打席で負けを消すことができるかもしれない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月3日のニュース