ヤクルト河田新コーチ 山田の“足”復活誓う「自重しているように見えた」

[ 2017年11月10日 08:32 ]

ヤクルトの球団事務所を訪れ、正式契約を結んだ、元広島の河田コーチ
Photo By スポニチ

 山田を走らせる。ヤクルトは9日、今季限りで広島を退団していた石井打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチの就任を発表した。リーグ連覇の原動力となった両コーチは都内の球団事務所で契約を結び、11日から松山秋季キャンプに合流する。

 広島の盗塁数はヤクルトの50を倍しても届かない112。強力打線に機動力という強烈なスパイスを加えさせたのが河田外野守備コーチだった。「実際に接してみないと分からない部分もある」と前置きしつつ「今年の対戦で見ていると、山田は塁に出ても、次がバレンティンだから走るのを自重しているように見えた」と分析。「そういう状況はなくしていきたい。“走りそうだな”と思わせるだけで相手投手の心理も変わる」と続けた。

 2年連続トリプル3の途切れた山田の今季の盗塁数は14止まり。1点を取る野球には機動力は欠かせない。バットだけでなく、山田の足も復調させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース