オリドラ4本田、清宮斬りに自信 高校恩師との“神配球”明かす

[ 2017年11月10日 05:30 ]

指名挨拶を受けたオリックスドラフト4位の星槎国際湘南・本田(中)。写真左は担当の由田慎太郎スカウト、右は中川隆治アマスカウトグループ長
Photo By スポニチ

 オリックスにドラフト4位指名された星槎国際湘南の本田が、神奈川県大磯町の同校で中川隆治アマスカウトグループ長らの指名あいさつを受け、日本ハム1位指名の早実・清宮に必勝宣言した。

 「同じパなので絶対当たると思うけど、抑える自信はある」。根拠がある。1年時の練習試合で初対戦し、本塁打を浴びた。3年夏に練習試合が決まると、土屋恵三郎監督と一緒に考えた配球があった。スライダーと外角のつり球で揺さぶってファウルさせ、「湘南のドクターK」の異名をとった伝家の宝刀・縦のスライダーで三振を取るプランだ。

 試合が雨天中止となって実現はならなかったが、指揮官は「制球が良いからこそできる配球」と自信。本田も「イメージはできている」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース