ヤクルトV打線復活へ 石井&河田コーチの就任発表 

[ 2017年11月10日 05:30 ]

ヤクルトの球団事務所を訪れ、正式契約を結んだ、元広島の河田コーチ(右)と石井コーチ
Photo By スポニチ

 V打線を復活させる。ヤクルトは9日、いずれも今季限りで広島を退団していた石井琢朗打撃コーチ、河田雄祐外野守備走塁コーチの就任を発表。リーグ連覇の原動力となった両コーチは、都内の球団事務所で契約を結び、11日から松山秋季キャンプに合流する。

 石井打撃コーチは意外な事実を明かした。16年に広島の1軍打撃コーチに就任。打線を構築する上で「15年の優勝した時の(ヤクルト)打線がベースになっていた」という。

 当時の燕(つばめ)打線のイメージは「チーム打撃や1点を取る野球」。接戦を落とさない、緻密な野球。当時は敵チームでしのぎを削った宮本ヘッドコーチや土橋内野守備走塁コーチとともに、最下位から浮上するためのチーム作りに着手する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース