日本航空石川、創成館、創価大、富士大が8強入り

[ 2017年11月10日 19:43 ]

 第48回明治神宮野球大会は10日、神宮球場で開幕して1回戦の4試合が行われ、各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部は日本航空石川(北信越)創成館(九州)が準々決勝に進んだ。11校で争う大学の部は創価大(関東2)富士大(東北)が8強入りした。

 日本航空石川は延長10回のタイブレークで日大三(東京)に7―6でサヨナラ勝ちした。創成館は1回に2点を先制して主導権を握り、おかやま山陽(中国)に5―1で快勝。創価大は2―1で関大(関西2)に逆転勝ちし、富士大は大商大(関西1)を4―1で破った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース