キクマル5年連続GG賞 次は同学年・広輔も「一緒に獲りたい」

[ 2017年11月10日 08:13 ]

広島・菊池
Photo By スポニチ

 広島のセンターラインを支える菊池、丸は秋季キャンプを張る日南で朗報を受けた。ともに5年連続5度目の受賞を誇る常連。菊池が「ホッとした。何回獲ってもうれしい」と切り出せば、丸も「毎年獲りたい賞なので光栄」と笑顔を見せた。

 菊池は、二塁手部門で両リーグ最多の246票を獲得。「野村前監督に“いくら打てなくても、守りはしっかりやれ”と教わった。それがモットー」。補殺数こそ407個にとどまったものの、驚異的なハンドリングと広い守備範囲は健在だ。

 丸の得票は、セ・リーグ外野手部門で2年連続1位の232票。太陽の位置や風向き、ナイターの場合は何時ごろから夜露で芝が濡れるか…など、状況をつぶさに把握して両翼に指示する。「引き出しは徐々に増えていると思う」と語った。

 2人の望みは、遊撃の田中を交えての受賞だ。「2、3年コンビを組んでいるので一緒に獲りたい」と菊池。丸も「同学年の3人で獲れたら、これほどうれしいことはない。広輔には、ボクから叱咤激励しておきます」とハッパを掛けていた。 (江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース