ハラデー氏、墜落直前に低空飛行か 事故原因は不明

[ 2017年11月10日 05:30 ]

ハラデー氏が操縦し墜落した小型機を引き揚げる捜査関係者ら(AP)
Photo By AP

 2度のサイ・ヤング賞に輝き13年に引退したロイ・ハラデー氏が、7日に操縦する小型機で海に墜落して死亡した事故について、米国の調査官が「墜落する直前に飛行機が低空飛行していたという目撃情報がある」と話した。

 ハラデー氏が引退した13年から操縦免許を持ち、これまで約700時間のフライトが記録されていることも明かした。事故原因などは不明で、「全ての調査が終わるまで2年かかるかもしれない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月10日のニュース