ジャッジ 新人記録のシーズン50本塁打 2戦計4発でマグワイア超え

[ 2017年9月26日 08:45 ]

ア・リーグ   ヤンキース11―3ロイヤルズ ( 2017年9月25日    ニューヨーク )

ロイヤルズ戦の3回に2ランを放ったジャッジはチームメートとタッチ(AP)
Photo By スポニチ

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(25)が25日(日本時間26日)のロイヤルズ戦で49号、50号と2本の本塁打を放ち、新人メジャー記録のシーズン50本塁打をマークした。

 これまでのメジャー記録は1987年にアスレチックスのマーク・マグワイアが樹立した49本塁打。ジャッジは3回の右越え2ランでマグワイアの記録に肩を並べると、7回には左越えソロ。2試合連続、今季7度目の1試合2本塁打でメジャー史に名を刻んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース