巨人・小林 球団1万号本塁打にもう少し…フェンス直撃打

[ 2017年9月26日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5ヤクルト ( 2017年9月25日    神宮 )

<ヤ・巨>最後を締めたカミネロ(右)と小林がタッチする
Photo By スポニチ

 8番に座る巨人・小林が、球団1万号本塁打にあと数十センチの大飛球を放った。

 6―5の9回2死から左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、今季初の猛打賞。守っても6投手をリードし、勝利に貢献した。「(1万号は)知っていた。僕が打つより、この時期なのでチームが勝ったことが良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース