ロッテ 鈴木が決勝弾 二木はチームトップ7勝目

[ 2017年9月26日 20:58 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3ソフトバンク ( 2017年9月26日    ヤフオクD )

ヤフオクドーム今季最終戦を終え工藤監督(右)から花束を受け取る伊東監督
Photo By スポニチ

 ロッテが接戦を制した。2回に中村の9号2ランで先制、4回には井上にも適時打が出てソフトバンク先発の和田から3点をリードした。5回に同点に追いつかれたが、8回、鈴木が岩崎から決勝の11号ソロを放って試合を決めた。

 先発二木は7回3失点でチームトップとなる7勝目(9敗)。内に15セーブ目が付いた。

 ソフトバンクは5回に松田が24号2ラン、この日昇格した吉村が1号ソロを放って同点に追いついたものの、その後勝ち越しを許し連敗。リーグ優勝を決めた後2勝6敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース