日立151キロ右腕・鈴木 10球団スカウトの前で6回3失点

[ 2017年9月26日 05:30 ]

スポニチ後援社会人野球関東選抜リーグ後期第7日   日立製作所3―4新日鉄住金かずさマジック ( 2017年9月25日    日立市民 )

<日立製作所・新日鉄住金かずさマジック>新日鉄住金かずさマジックに6回3失点の日立製作所・鈴木
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の日立製作所の最速151キロ右腕・鈴木康平投手(23)が新日鉄住金かずさマジック戦に先発。

 10球団のスカウトが視察する中「気にしないようにしているけど、(姿が)見えて意識してしまった」と6回で11安打3失点だった。

 最速は147キロも「ひどかった」と球の切れを欠いたことを反省していたが、ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「潜在能力があるし、(ドラフト1位の)12人の中に入るのでは」と評価。地元・千葉県出身の右腕にロッテ・永野吉成チーフスカウトも「1軍でローテーションに入る力がある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース