ソフト千賀 天仰ぐ今季ワースト7失点「修正できなかった」

[ 2017年9月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―10楽天 ( 2017年9月25日    ヤフオクD )

<ソ・楽>6回2死一、三塁、藤田に適時打を浴びて7失点目を喫し天を仰ぐ千賀
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの千賀は6回を8安打、今季ワーストタイの7失点で4敗目。勝率は1位だが、防御率は2.56に悪化し、1位の西武・菊池の2.00から離され、最優秀防御率のタイトルは絶望的となった。

 初回2四球を与えて銀次に先制打を浴びるなど、計4四球に「最後まで修正できなかった」と悔しがった。規定投球回の143回にはあと6イニングとなったが、工藤監督は「打者と戦っているように見えない」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース