富士電機機器制御・西村、11K完投「良かった」

[ 2017年9月26日 05:30 ]

スポニチ後援蒼龍旗争奪野球第1日   富士電機機器制御5―2丸山製作所 ( 2017年9月25日    東京D )

 スポニチ後援蒼龍旗争奪野球が25日に開幕し、1、2回戦3試合が行われた。JFEプラントエンジがリコー・沼津事業所をタイブレークの末に6―4の逆転で下し、2回戦進出。富士電機機器制御は5―2で丸山製作所を下し、8強進出を決めた。大陽ステンレススプリングは10―2で鹿島建設にコールド勝ちした。

 富士電機機器制御は先発の西村が11三振を奪い、8回2失点完投(大会規定で8回打ち切り)。初回に先制点を許したが、蘇武丈男監督が「調子はよかった」と言うようにその後は持ち直し、味方の逆転劇につなげた。指揮官は次戦に向け「残塁を少なくしたい」と課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース