巨人3連勝で3位に1差 “伏兵”中井が球団1万号 菅野最多17勝目

[ 2017年9月26日 21:15 ]

セ・リーグ   巨人3―0ヤクルト ( 2017年9月26日    東京D )

<巨・ヤ>4回1死 中井は左中間にチーム10000号となるソロホームランを放ちスタンドの声援に応える
Photo By スポニチ

 巨人が球団通算10000号のメモリアル弾が飛び出した一戦を快勝し3連勝。ヤクルトを3―0で下し、70勝に到達した。試合がなかった3位DeNAとのゲーム差は1に縮まった。

 あと1本に迫ったプロ野球史上初の球団10000号に注目が集まる中、2回に無死一、三塁から中井が中前へ先制適時打。4回には再び中井が左翼席へ通算10本目の今季5号ソロ。この日のスタメン野手でプロ通算本塁打数が最も少なかった“伏兵”が球団10000号のメモリアルアーチを放った。

 投げては先発の菅野が6回98球を投げて2安打無失点の好投。両リーグ単独最多の17勝目を挙げた。リーグ2位につける広島・薮田に2勝差をつけ、自身初の最多勝タイトルを大きく手繰り寄せた。

 7回から登板した西村がアクシデントで降板したが、3番手・池田が2死満塁から坂口を三振に仕留め、無失点でしのいだ。以降は8回マシソン、9回カミネロとつなぎ、完封リレー。カミネロは28セーブ目。

 これで4位の巨人はCS進出を争う3位DeNAと1ゲーム差。両軍の直接対決は残っておらず、巨人は4試合、DeNAは7試合を残している。一方のヤクルトは6連敗でシーズン93敗目。球団ワースト94敗に残り4試合を残して、あと「1」となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース