中日 ゲレーロの残留交渉、早期決着目指す 11月末までに

[ 2017年9月26日 05:30 ]

中日のゲレーロ
Photo By スポニチ

 中日の西山和夫球団代表がゲレーロとの残留交渉について、「長引かせるつもりはない」と早期決着を目指す方針を示した。

 保留者名簿の提出期限となる11月30日までを交渉完了の目安として掲げた。年俸1億5000万円プラス出来高払いの1年契約で加入し、打率・280、86打点、リーグトップの35本塁打。12月以降へ交渉がずれ込めば、争奪戦に発展する可能性もあるが、期限を設け、マネーゲームには参戦しない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース