青木、好調キープ3戦連続安打「うまくできた」 9回好捕も

[ 2017年9月26日 05:30 ]

ナ・リーグ   メッツ2―3ナショナルズ ( 2017年9月24日    ニューヨーク )

ナショナルズ戦で安打を放つメッツ・青木(AP)
Photo By AP

 メッツの青木は「一番いい投手」と認めるシャーザーに3打席目まで無安打に抑えられたが、降板後の8回に3番手マドソンから3戦連続の安打を放った。

 1死一塁で一塁走者がスタートし、遊撃手が二塁に寄ったことで空いた三遊間を破り「ちょっとしたところがうまくできた」。メ軍移籍後の打率・313の35歳は、守備でも9回に右翼ファウルゾーンへの飛球を客席に身を乗り出して好捕した。 (小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月26日のニュース