152キロ腕、岡山商大・近藤 初の全国で「勝てる投球を」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

健闘を誓う東洋大の飯田と岡山商大の近藤                       
Photo By スポニチ

 第66回全日本大学野球選手権大会が5日、神宮球場と東京ドームで開幕する。4日は東京・明治神宮会館で開会式が行われ、出場27校の選手らが参加した。

 最速152キロを誇る今秋ドラフト候補の岡山商大・近藤は「人生初の全国大会。分からないことだらけ」と緊張の面持ちながら「勝てる投球をしたい」と意気込んだ。東都大学リーグMVPの東洋大・飯田は5度目の日本一を狙い「勝つ自信はある」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース