被弾の享栄・早矢仕 前日には履正社・安田と対戦「清宮君は動いていない」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

招待試合   早実1―5享栄 ( 2017年6月4日    小牧市民 )

<早実・享栄>9回1死、享栄・早矢仕から右中間席へソロを放つ早実・清宮
Photo By スポニチ

 清宮に100号を打たれた享栄の右腕・早矢仕(はやし)は「打たれたのはしようがない。ポジティブにいこうと思う」と話した。

 前日はドラフト候補の履正社・安田と練習試合で対戦。「安田君はタイミングをずらせたけど、清宮君は(軸が)動いていない」と話した。試合後は清宮に話しかけると「また甲子園でやろう」と再戦を熱望された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月5日のニュース