中日 天敵・岸に初めて勝った ゲレーロ7戦連発ならずもいい感じ

[ 2017年6月5日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   中日2―0楽天 ( 2017年6月4日    ナゴヤドーム )

<中・楽>ヒーローインタビューを終えポーズをとるジョーダンと大島(右)
Photo By スポニチ

 中日が「初モノづくし」でパ・リーグ首位の楽天に勝ち越した。打線が0―0の5回に4連打で2点を奪い、これまで6勝を許していた天敵・岸に通算10試合目で初めて黒星を付けた。

 投手陣も先発・ジョーダンを筆頭に4投手による無失点リレーで、12球団トップのチーム打率・280を誇る楽天打線に今季初めて零封負けを食らわせ、森監督も「0点に抑えたことが大きい」とねぎらった。6試合連続本塁打中のゲレーロは3打数無安打に倒れ、王、バースの持つ7戦連発のプロ野球記録には届かなかったが、ソフトバンク、楽天とパ・リーグ上位チームとの6連戦を3勝3敗。指揮官は「流れ的にいい方向にいっている」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース