オリ 3年ぶり7連勝 オーナーしみじみ「巨人の気持ちも分かる」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   オリックス3―1巨人 ( 2017年6月4日    東京ドーム )

<巨・オ>勝利を喜ぶ黒木(右端)らオリックスナイン
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト1位右腕・山岡が8回1失点で2勝目を挙げ、敵地の大観衆を黙らせた。チームの連勝を3年ぶりの7に伸ばし「何とか流れに乗りたかった」と笑った。

 東京ドームはプロでは初だったが、東京ガス時代に都市対抗で何度も投げた“本拠地”だ。巨人ファンの大声援も「自分を応援してくれるように感じた。高ぶっていた。自分を成長させてくれたところなので」と凱旋を喜んだ。9回は4連投の守護神・平野を休ませ、同2位の黒木が救援。無失点でプロ初セーブを挙げ「気持ちの面では(8回と)同じ」と頼もしい。交流戦は球団記録を更新する開幕6連勝。観戦した宮内義彦オーナーは「山岡と黒木で試合をつくりましたね」と称え「うちも(5月に)9連敗したから巨人の気持ちも分かる。野球って怖いね」と語った。

 ▼オリックス・駿太(初回にレギュラーシーズンでは初の先頭打者弾)やっぱり気持ちいい。最高の結果になった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース