球宴ファン投票 阪神・ドリスが再度トップ 第11回中間発表

[ 2017年6月5日 20:43 ]

 「マイナビオールスターゲーム2017」(第1戦=7月14日・ナゴヤドーム、第2戦=同15日・ZOZOマリン)のファン投票の第11回中間発表が行われた。熾烈なトップ争いを繰り広げるセ・リーグ抑え投手部門では、ドリス(阪神)が11万3189票で山崎康(DeNA)を抜いて再び1位に。その差はわずか378票しかなく、今後も接戦が続きそうな気配だ。

 他の部門は変動なし。故障で2軍調整中の大谷(日本ハム)もパ・リーグDH部門の首位をキープしている。両リーグ最多得票は秋山(西武)の18万756票で、セ・リーグは糸井(阪神)の17万6370票が最多。ファン投票は18日までが受け付け期間で、26日に最終結果が発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース