長嶋さん 由伸監督にエール「巨人の場合は北海道のあれがある」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   巨人1―3オリックス ( 2017年6月4日    東京ドーム )

<巨・ロ>始球式の打席に立ち、鋭いスイングをする長嶋氏
Photo By スポニチ

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(81)が4日、出身地の千葉県佐倉市にある「長嶋茂雄記念岩名球場」のリニューアルオープンを記念して開催されたイースタン・リーグ、巨人―ロッテ10回戦の始球式に登場した。背番号3のユニホーム姿で右打席に立ち、2球左手でスイング。バットには当たらなかったが約3200人のファンを沸かせ「野球はいいものだなと改めて感じた」と語った。

 1軍は10連敗も「巨人の場合は北海道のあれがある」。自身が指揮した96年7月9日の札幌円山球場での広島戦に逆転勝ちし、広島との最大11・5ゲーム差をひっくり返し優勝したメークドラマと重ね合わせ、奮起を促した。高橋監督には「ゆっくりと腰を据えて」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース