西武・辻監督「負けた気分」9回ミス連発で4点リードもドロー

[ 2017年6月5日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   西武8―8ヤクルト ( 2017年6月4日    神宮 )

<ヤ・西>9回2死一、三塁、大引の遊ゴロを源田が一塁に悪送球、同点に
Photo By スポニチ

 西武は4点リードの9回にミスが続き、勝ち試合を引き分けた。1死から荒木の右中間への飛球を外野手が交錯し捕球ミス(記録は三塁打)。8―7の2死一、三塁では大引の平凡なゴロを、遊撃手・源田が一塁へ悪送球するタイムリーエラーで同点とされた。

 最大6点差を守り切れず「負けた気分だな。でも選手が一番分かっているから。繰り返さないよう反省するだけ」と辻監督は自覚を促していた。

 ▼西武・メヒア(3回に左中間7号満塁弾)打った瞬間にいい感触があった。(中村の靴下を借りてはき)それで打てたのかな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース