上原 今季2セーブ目!1点差場面で3人をピシャリ

[ 2017年6月5日 11:57 ]

ナ・リーグ   カブス7―6カージナルス ( 2017年6月4日    シカゴ )

カブスの上原 (AP)
Photo By AP

 カブスの上原浩治投手(42)が4日(日本時間5日)のカージナルス戦で今季2セーブ目をマーク。7―6と1点リードの9回からマウンドに上がり、相手打線を三者凡退に切って取った。

 上原は前日に続いて2連投。先頭の8番・ディアスを中飛に打ち取ると、続く代打・マルティネスを見逃し三振。最後の打者ファウラーにはスプリットで空振り三振を奪った。1回を投げて無安打2奪三振。セーブは5月18日のレッズ戦以来となった。

 チームはこれでカージナルスとの3連戦をスイープ。今季6度目の3連勝を飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月5日のニュース