楽天 今季初の零敗 梨田監督脱帽「つかみどころがなかった」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   楽天0―2中日 ( 2017年6月4日    ナゴヤドーム )

<中・楽>8回無死一塁、ペゲーロは三邪飛に倒れる
Photo By スポニチ

 楽天が今季チーム最少タイの4安打で初の零敗を喫した。

 中日先発・ジョーダンを打ち崩せず、梨田監督は「(球が)荒れていると思えば、ここぞで決めてくる。つかみどころがなかった」と脱帽した。2回には無死満塁のチャンスをつくったが、島内が空振り三振。嶋が三ゴロ併殺に倒れた。島内は「次に向けて頑張りたい」と気持ちを切り替えていた。

 ▼楽天・岸(6回2失点で今季2敗目。過去6勝0敗の中日戦で初黒星)初回から四球を出して球数が増えてしまった。(5回は)1点に抑えておかないといけなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース