富士大 逆転で2年連続初戦突破 次は立大戦 “仙台育英”対決に

[ 2017年6月5日 22:10 ]

第66回全日本大学野球選手権1回戦   富士大4―2福岡大 ( 2017年6月5日    東京D )

 富士大が逆転で福岡大を下し、2年連続で初戦を突破した。1点を追う6回に暴投と浜の右中間適時三塁打で逆転した。

 大学日本代表で主将の今秋ドラフト候補捕手・小林は無安打に終わったが「まずはチームが勝つことが大事」。

 次戦は立大と対戦。仙台育英(宮城)時代のチームメートで立大の主将・熊谷との同級生対決が実現し「対戦したかった。スキを突いていきたい」と燃えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース