マエケン 安定感欠き3敗目 指揮官「イニング乗り切るのにやっと」

[ 2017年6月5日 09:04 ]

ナ・リーグ   ドジャース0―3ブルワーズ ( 2017年6月4日    ミルウォーキー )

ブルワーズ戦で3敗目を喫した前田 (AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田が4日(日本時間5日)のブルワーズ戦に先発。4回2安打2失点の内容で3敗目を喫した。

 前田はテムズに右越えソロを浴び、初回にいきなり失点。2回も2死一、二塁とピンチを迎え、ソガードに適時打を許した。与四死球4と制球も乱れて球数は92球。ロバーツ監督は苦しむ右腕について「彼は安定感のある投球を探ろうとしているが、まだ1つ1つのイニングを乗り切るのにやっとという状況。問題を解決しようとはしているね」と試合後に話した。登板3試合連続で初回に失点。立ち上がりも今後の課題だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース