アストロズ10連勝!好成績に指揮官「勝利への強い意思が見られる」

[ 2017年6月5日 10:31 ]

ア・リーグ   アストロズ7―2レンジャーズ ( 2017年6月4日    アーリントン )

レンジャーズ戦で、雨が降りそうな雲行きになり、空を見上げるアストロズ・青木
Photo By 共同

 アストロズは4日(日本時間5日)のレンジャーズ戦に快勝を収め、今季メジャー最長となる10連勝を飾った。

 アストロズはスプリンガーの先頭打者本塁打など、序盤の3回までに5得点。投げては先発のピーコックが6回4安打2失点の好投で3勝目を手にした。なお、この試合で青木の出番はなかった。

 試合後にヒンチ監督は「レンジャーズとの3連戦をスイープできて最高の気分だね」とコメント。快進撃を続けるチームについては「選手が毎試合のように勝利への強い意志を見せてくれる」と頬を緩ませた。

 開幕から好調のアストロズはこれで41勝16敗。球団公式サイトによると、57試合終了時ではマリナーズが2001年に記録した45勝12敗に次ぐ好成績だという。ちなみにマリナーズはイチローがメジャーデビューを果たしたこの年にメジャータイ記録となる116勝をマークした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年6月5日のニュース