WBC決勝戦は29歳誕生日 中日・平田「決勝まで行きたい」

[ 2017年1月27日 05:30 ]

沖縄での合同自主トレに出発した平田
Photo By スポニチ

 中日・平田良介内野手(28)が26日、先乗りの合同自主トレに参加するため、キャンプ地・沖縄入り。WBC決勝戦が行われる現地時間3月22日は、日本時間で自身の誕生日の同23日だけに「決勝まで行きたい」と米国で記念日を祝う意気込みを示した。

 長い旅が始まった。先乗り自主トレから春季キャンプに入り、2月23日からは宮崎での侍ジャパン強化合宿に参加。WBC決勝戦までコマを進めれば、57泊58日の行程となる。一時帰宅の予定はなく「子どもに忘れられないようにしないと」と苦笑い。それでも世界一へ気持ちは新ただ。「体は早めに仕上げます」と20代最後の誕生日を異国で迎えるため、急ピッチで調整を進めていく。

 練習試合は12日の韓国・ハンファ戦(北谷)からスタートし、4試合の出場が可能だが「その時の感覚で足りなければ、志願する」と2軍の練習試合への出場も視野に入れる。一昨年のプレミア12では全8試合に出場し、打率・423、6打点と勝負強さを見せつけた。打席を重ね、戦う感覚を研ぎ澄ます。 (桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月27日のニュース