センバツ出場32校決定 早実、報徳、熊工が最多21回目 帝京五は48年ぶり

[ 2017年1月27日 15:50 ]

<センバツ発表>センバツ出場に大喜びの櫻井(中央)、金成(同)ら日大三ナイン
Photo By スポニチ

第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が27日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、21世紀枠を含む出場32校が決定した。

 午後3時から21世紀枠、続いて一般選考での出場校を順次発表。21世紀枠では不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)が選出された。

 一般選考では29校が選ばれ、最多出場は早実(東京)、報徳学園(兵庫)、熊本工(熊本)の21回。日大三(東京)が19回と続いた。帝京五(愛媛)が48年ぶりの出場。また、一般選考での初出場は至学館(愛知)、呉(広島)の2校。

 ▼出場校【北海道】札幌第一【東北】盛岡大付(岩手)、仙台育英(宮城)【関東・東京】作新学院(栃木)、前橋育英(群馬)、高崎健康福祉大高崎(群馬)、東海大市原望洋(千葉)、早稲田実(東京)、日大三(東京)【東海】静岡(静岡)、至学館(愛知)【北信越】福井工大福井(福井)、高岡商(富山)【近畿】滋賀学園(滋賀)、高田商(奈良)、履正社(大阪)、大阪桐蔭(大阪)、智弁学園(奈良)、神戸国際大付(兵庫)、報徳学園(兵庫)【中国・四国】呉(広島)、宇部鴻城(山口)、明徳義塾(高知)、帝京五(愛媛)、創志学園(岡山)【九州】福岡大大濠(福岡)、東海大福岡(福岡)、秀岳館(熊本)、熊本工(熊本)【21世紀枠】不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年1月27日のニュース