阪神新助っ人キャンベル来た!虎のレアードになって

[ 2017年1月27日 05:30 ]

大阪空港に到着したキャンベル
Photo By スポニチ

 キャンベルよ、虎のレアードになってくれ!26日に来日した新助っ人に、あの北海道で大人気の日本一戦士級の活躍の期待がかけられた。

 「ウチは去年やられたしね。いいよね、ああいう選手は。(ファンからも)愛されているし」

 球団幹部が振り返ったように、日本ハムの誇る舶来砲には昨年、痛い目に遭わされた。交流戦3試合で11打数6安打2本塁打4打点の大暴れを許した。メジャーでは通算53試合で6本塁打だったが、昨季39本でパ・リーグの本塁打王に輝くなど来日2年間で73発。同じくメジャー通算6本塁打で中距離タイプと言われるキャンベルも、1メートル91、98キロの堂々たる体格だけに日本で化ける可能性も十分にある。

 さらに、レアードと言えば陽気な性格と本塁打を放った後に見せる寿司パフォーマンスでファンのハートをつかんだ愛されキャラ。まだキャンベルの“キャラ”は未知数だが、阪神の地元大阪にもお好み焼きやたこ焼きなどの外国人にも人気のグルメは多い。「お好み焼きポーズ」が出るかどうかはともかく、球団はレアードのようにバットで、パフォーマンスでチームを盛り上げるてくれることを期待している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月27日のニュース