作新学院 夏春連覇へ「身の引き締まる思い 全力で上を目指す」

[ 2017年1月27日 17:02 ]

 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が27日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、21世紀枠を含む出場32校が決定した。

 昨夏に全国制覇を成し遂げた作新学院は、5年ぶり10回目のセンバツ出場。小針崇宏監督は「身の引き締まる思いでいっぱい。春も全力で上を目指してやっていきたい」と夏春連覇へ意気込んだ。

 エースの大関秀太郎投手(2年)は「甲子園は特別な場所。(ベンチ外だった)去年の悔しい思いをぶつけたい」と昨夏のリベンジを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月27日のニュース