至学館 木村主将 初の甲子園は守り勝つ「練習1つ1つに意味がある」

[ 2017年1月27日 17:33 ]

 春の選抜初出場を決めた至学館(愛知)の木村公紀主将は「自分たちは完璧とは言えないが、守備に自信を持っている。(左右両輪の)新美と川口を中心に、守備でリズムを作っていきたい」と、甲子園では守り勝ちたい考えを示した。

 専用グラウンドを持たないなど限られた環境での挑戦となるが「やれることはたくさんある。練習1つ1つに意味があると思い、感謝の気持ちを持ってやってきた。レスリングばかりが有名なので、野球でも有名になっていきたいです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月27日のニュース