報徳学園 永田監督 今春の選抜で勇退

[ 2017年1月27日 15:45 ]

 第89回選抜高校野球大会への出場を決めた報徳学園(兵庫)の永田裕治監督(53)が今春の選抜大会を最後に勇退することが27日、わかった。

 同校出身で81年夏には外野手として全国優勝。中京大を卒業後の90年に母校のコーチに、94年4月からは監督に就任した。02年春にはエースの大谷智久(ロッテ)らの活躍で全国制覇。長年にわたり名門の伝統校を率いた名将が24年間に及ぶ監督生活に幕を閉じる。後任には大角健二氏(36=現野球部部長)が監督に就任する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年1月27日のニュース