西武に楽天のプロテクトリスト届く、岸の補償 本部長「速やかに検討」

[ 2016年12月7日 18:41 ]

 西武の鈴木葉留彦球団本部長は7日、海外フリーエージェント(FA)権を行使して楽天に移籍した岸の補償として、楽天から人的補償で獲得可能なプロテクトリストが届いたことを明かした。

 補償が必要なFA選手がもともと所属していた球団は、移籍先球団がプロテクトする28選手以外の選手を人的補償で獲得することができる。人的補償を選ばずに金銭補償を選ぶこともできるが、鈴木本部長は「リストは届いたが、まだまったく見ていない。金銭補償か人的補償か、速やかに検討します」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月7日のニュース